login
join

NEWS

  • ALL
  • EVENT/LIVE
  • RELEASE
  • MEDIA
  • CARAT
2017.05.18 | RELEASE
SEVENTEEN 4th Mini Album 「Al1」作品情報!
SEVENTEEN 4th Mini Album 「Al1」
韓国発売日:2017.05.22

<作品情報>
SEVENTEEN、2017年新しい時代の序幕を開けてカムバック!

SEVENTEENメンバーたちの苦難と深い友情を表しているアルバム「Al1」
少年が悲しみを迎え克服する悲しみの時代を開けるタイトル曲
「Don't Wanna Cry」!

清涼グループ、自主制作グループ等の修飾語とともに国内外で大人数グループとして 地位を固めたグループSEVENTEENが5月22日、2017年初めて発表するアルバム「Al1」とともに新しい姿で帰ってくる。彼らの名前と同じ2017年に、今年一年を開けるSEVENTEENの初アルバム 「Al1」には、今までの予想を超えるSEVENTEENの新しい魅力が盛り込まれている。

「Al1」はSEVENTEENが過去2年余りの間に発表したアルバムで見せてくれた少年の成長のもう一つのステップを含んでいる。「AdoreU」、「Mansae」、「PrettyU」、「VERY NICE」、「BOOMBOOM」に続く今までのSEVENTEENの曲が一人の少年の愛の感情を知っていく物語だとすれば、「Don’t Wanna Cry」は生きていて初めて感じた深い悲しみの瞬間を表現した曲だ。少年の人生すべてとも言える誰かを失うかもしれない瞬間が来たときの絶望感と同時に、絶対にそれを失いたくない純粋な心を「泣きたくない」という言葉で表現した。SEVENTEENが今まで見せてくれた少年の純粋な感情は持ちつつ、より深い姿を表したもの。このような深みのある感情を表すために「Don’t Wanna Cry」はSEVENTEENとしては 初めて本格的なEDMに挑戦した。叙情的な感性のシンセサイザーと激しいビートが交差しながら涙があふれそうだけど泣きたくないSEVENTEENの心境を描いた。特に悲しい感性で聴いている人を虜にするビートが魅惑的だ。「Al1」には「Don’t Wanna Cry」の他に6曲の新曲が収録される予定だ。

また、「Al1」と「Don’t Wanna Cry」は2017年のSEVENTEENにつながる「SEVENTEEN PROJECT」のスタートを表す。SEVENTEENがカムバック前に公開した個人ティザーはこのための始まりで、映像では独りでいるメンバーの寂しい姿と、他のメンバーと繋がる姿が公開された。アルバム「Al1」のタイトルのように「Alone(1)」であるメンバーそれぞれの物語が神秘的な雰囲気で表現されたもの。これは「Don’t Wanna Cry」が表した寂しくて悲しい少年の感情に繋がって、これから続くSEVENTEENの物語の始まりでもある。悲しみという感情を知ってしまった少年たちが、その感情と向き合って青春の一時期を過ごす「悲しみの時代」が開かれること。SEVENTEENが 「Al1」を皮切りに、どのような物語を展開していくかが注目される。

また、「Don’t Wanna Cry」のもう1つの見どころはSEVENTEEN史上最高の完成度を見せてくれるパフォーマンスだ。自主制作グループとして、すでにたくさんの優れたパフォーマンスを見せてくれたSEVENTEENは「Don’t Wanna Cry」でいままでのすべての曲を超える破格的なパフォーマンスを披露する予定だ。「泣きたくない」感情の中にメンバーの悲しみと同時に、それを乗り越えていく過程が見せられるよう、まるで現代舞踊を連想させる独特な構成と驚くほど完成度の高い群踊を準備した。MVもパフォーマンスでSEVENTEENの感情を伝えるため、アメリカのロサンゼルスで一生懸命撮影した。メンバーの強い友情とともに自主制作、そしてパフォーマンスというSEVENTEENの特徴を保ちつつ、新しい変化の時代を迎えたSEVENTEENの成長を期待しよう。